ページトップへ

壁紙の張替え目安

壁紙を張替えるタイミング

 壁紙を張替えるタイミング

壁紙を張り替えるタイミングは、一般的に5年から10年ほどがよいといわれています。

一般的な壁紙だと、しわや痛みで一部がはがれてきたり、壁に近い家電の周りの黒ずみや、手垢などによる壁紙の変色が目立ってくる時期といえます。

また、その他のタイミングとしては、キッチンなどの大きな家電を買い換えるとき、一緒に壁紙も張り替えるのが掃除の手間もなく簡単でオススメです。

壁紙につく黒ずみの原因は、家電から発生する電気を壁紙が帯電することにあります。そして静電気が起こってコンセント周りなど、壁紙にホコリを集めてしまい、汚れになってしまいます。

大きな家電を買い換える際に壁紙を一緒に変えることで、古い家電の形に汚れの跡が残る心配をする必要もありません。

 

子ども部屋をDIYするときの注意点

子供部屋をDIYするときの注意点

DIYのブームもあり、自分で張り替えられる壁紙も広く売られるようになりました。

子どもが遊んだり勉強する部屋は、それぞれの子どもに合ったおしゃれな壁紙やかわいい壁紙をホームセンターやインターネットで探して、安価で買える海外の輸入壁紙などを購入される方もおられると思います。

子どもは成長が早いので、年齢に合わせて何度も部屋をリノベーションしようと思うと、どうしてもコストがかかります。お手軽に子ども部屋のレイアウトや雰囲気を変えるためにはDIYで壁紙を張替える方が費用も安く済み、業者に頼むよりお手軽のように思えます。

しかし、DIYの場合には接着剤や壁紙など、張替えに使用するものがすべて安全であるかを確認しておく必要があります。自分で知らないうちにホルムアルデヒドを含んだ建材を使っていた、という可能性が出てしまうからです。

特に普及品ビニールクロスを使ったDIYをする際には注意が必要です。普及品ビニールクロスは通気性がないので、結露などに注意しないと壁の内部にカビが発生する恐れがあり、さらに長い期間もたずに剥がれてしまうこともあります。なので、大切な部屋のDIYに関しては壁紙についての知識や丁寧な施工が必要だといえます。

DIYが初めてであまり自信のない方やアドバイスしてくれる知人がおられない場合は、業者などプロに任せるのが最善で安全な方法といえます。