ページトップへ

お部屋の空気を汚すホルムアルデヒド

お部屋の空気汚染の原因「ホルムアルデヒド」

お部屋の空気汚染の原因「ホルムアルデヒド」

ホルムアルデヒドとはお部屋の空気を汚す化学物質です。建築資材や壁紙を張るために使われる接着剤などに含まれ、VOC(揮発性有機化合物)と呼ばれています。

ホルムアルデヒドは空気中に気化しやすい特徴を持っており、壁紙など建材から放散し、お部屋の空気を汚すことで、体に様々な健康被害(シックハウス症候群)を引き起こします。

さらに機密度が高い現代の住まいづくりでは、放散されたホルムアルデヒドがお部屋の空気中に漂い続け、時間が経つにつれて空気中のホルムアルデヒドの濃度は上がっていきます。高濃度のホルムアルデヒドを吸い込むことは、シックハウス症候群を引き起こす引き金になります。

またホルムアルデヒドは安価なため、接着剤・塗料・防腐剤などといった、生活で触れる機会が多い部分によく使用されているので、住まいのほとんどの面積に使われている壁紙は特に対策が必要だといえます。